トルコ絨毯の元祖 ギョルデス  178x121cm

69,000円

在庫状況 1

購入数
トルコ絨毯はそのほとんどがダブルノットで織られますが、ダブルノットは通称ギョルデスノットと呼ばれております。その元祖となっているのがこちらのギョルデス絨毯です。


ギョルデスはトルコのエーゲ海地方の町で、マニサ県にございます。絨毯生産と海外への輸出の歴史は14世期のオスマン帝国時代に遡ります。マニサには帝国主導でオスマン帝国美術や建築の重要土地として栄え、西欧からの商隊がここに止まり、様々なものを西欧に持ち帰りました。特に17世紀から19世紀のマニサは絨毯生産の黄金時代と呼ばれており、アナトリア大地(トルコ)の中でも一番の生産と輸出を誇っており、西欧の絵画の中にはトルコの美術品や絨毯がたくさん見られるのもそれが故です。

こちらは中世からの伝統のギョルデスデザインを用い、爽やかで明るい配色で仕上がった柔らかな一枚です。

長い間使用されていなかった様ですので、擦れ等はございません。専門のクリーニング済みで綺麗な仕上がりです。


サイズ :   約178x121cm 両サイドの平織り部分は含みますがフリンジは含みません。
素材  :  羊毛 
年代  : 1990年〜


お求め前にお読みください。


■ユーズド品をお手入れしたものをお出ししております。この特徴をご理解いただける方のお求めをお待ちしております。
■全てが一点ものです。これまで99%のお客様にご満足いただいておりますが、安易なキャンセルは他のお客様のご迷惑にもなりますので、お求め前に十分ご検討の上お求めください。
■海外発送賜っております。お国によっては追加の送料が必要となる事もございますので、ご落札前にご連絡下さい。
■色の見え方については、採光やお使いの電子機器モニター、環境や時間帯等によっても多少違って見える事がございますのでご了承下さい。
■その他ご質問等ございましたらお気軽にinfo@anatolianconceptshop.comまでご連絡下さい。
■Anatolian Conceptは他のサイトでの販売等も行っております為、タイミングによりましては在庫をご用意できないこともございます。また、運営者は実質1名ですので、ご連絡レスポンスにタイムラグがございます。こちらをご理解頂ける方との気持ちのよいお取り引きをお待ちしております。

おすすめ商品